Top > プロフィール

代表 プロフィール

 藤本 美芽(ふじもと みめ)
鹿児島県出身 1966年9月14日生
馬歴30年以上。
地方競馬のジョッキーとしてデビューし、ニュージーランドにて経験を積む。引退後、オーストラリアの競馬場にて厩務員を経験し帰国。その後、競馬専門誌のコラムニストへと転身したが、また馬に乗りたいために大井競馬場の調教専門の厩務員として現場に復帰。大井競馬場、初の女性調教師補佐となる。
競走馬の故障への対応に追われる日々の中で本格的な馬のケアの修行を決意し、07年にオーストラリアにおける馬の骨格、解剖学と競技馬ケアの両分野での第一人者であるシャロン・メイ=デイビス氏に弟子入りし、骨格学、解剖学を学び、1年後、彼女の弟子として認められる。08年8月エンデュランスレースにて彼女の助手として参加し、500km走破のためのケアの貴重な経験をする。

2009年3月より、デイビス氏指導の下に【馬理学療法セラピー】の開業
(デイビス氏が定期的に来日し、指導を徹底することが約束されています。)
【経歴】

1987年 荒尾競馬場のジョッキー免許取得(昭和62年6月)
     インターナショナルレディースジョッキーシリーズにて札幌競馬場において総合優勝
1991年 馬に関する知識と経験をさらに深めるため拠点をニュージーランドに
     M.D.Morronye厩舎で1年間の修行を経て、厩舎所属ジョッキーとしてジョッキーライセンス取得
     1年後フリーランスとなる
1993年 オーストラリアのランドウィック競馬場に拠点を移す(12月)
     J.A.Nichols厩舎(ジャパンカップに参戦したストロベリーロード号の調教師)に所属し、厩務員となる
1994年 帰国 競馬専門誌ホースニュース「馬社」の美浦のトラックマン(コラムニスト)に
1995年 海外での経験を生かすため調教専門の厩務員として大井競馬場にて現場復帰
2001年 須田茂調教師の下で調教補佐の免許取得 
     (2009年まで調教師補佐免許更新 所属:佐藤寿厩舎 ・ 所属:高橋三郎厩舎)
2007年 シャロン・メイ=デイビス氏に入門し、運動生理学、解剖学、馬のケアを学ぶ
2008年 オーストラリアのエンデュランスの500kmレースにシャロン・デイビス氏の助手として参加
2009年 3月に馬理学セラピーを開業し現在に至る。

お問い合わせ

【連絡方法】
(馬理学セラピー) 藤本 美芽(ふじもと みめ)宛
携帯 090−8648−1961    Tel/Fax 03−6325−3675
メールアドレス horse88@ac.auone-net.jp

質問、ご意見等があれば、ご連絡いただければお答えいたします。

エクイエンス(株) Equience Inc.