Top > 馬理学セラピー について > 活動目的

馬理学セラピー について

活動目的

  1. 馬の健康維持と、出来るだけ故障を無くす目的のために活動できないかと考え、私の競走馬経験25年間(騎手、調馬師、厩務員、)とニュージーランド、オーストラリアの競馬場で3年間で学んだこと、シャロン・メイ=デイビス氏に学んだ事を出来るだけ多くの人にお伝えできれば幸いと思い、ホームページ制作に着手いたしました。
  2. 騎手の経験により馬の走り、歩様、動きによって馬の疲れ方の度合い故障のある場所など、微妙な歩様での判断方法などお伝えできればと思います。
  3. 厩務員の経験により馬の故障をより早く察知する知識と対処方法など、ケアプランを立てて馬の疲労回復、故障箇所の完治、現状維持ができる方法を考えます。
  4. 獣医師に頼ることは必要ですが、一番に馬に接する者が適切な処置を施すことが馬の故障を軽減できることと考えます。
  5. ストレッチ方法やケア方法を習いたい!と、思っていらっしゃる方に直接指導や馬のケアを行ないたいと思います。