Top > 症状から考えるケア方法 > 関節炎による跛行について

症状から考えるケア方法

関節炎による跛行について

【 症状 】

始めは肩の出が悪いように見えるので、肩なのか脚なのかの判断が付きにくいか、左か右の判断も分かりにくい。速歩の出だしに悪い歩様がでるが、キャンターになると大丈夫と思える歩様が続きます。症状が悪化すると調教中は破行しているが引き運動での破行は見つけられない場合が多い。

( 治療 )
この場合は、すぐにでも関節の薬(ジョイントフード)の飼い葉への投与とハイオネ―ト、アデクァンなどの関節液を補充できる注射を処方してもらいます。調教は控えますが、適度な運動は必要です。